LateleのWebサイト制作

スマホ/タブレット対応(レスポンシブ、別HTML)

スマートフォンやタブレット対応などもお気軽にご相談ください。

レスポンシブWebデザイン

スマートフォンなどモバイル端末の急速な普及や、Googleが推奨していたり、HTMLが一つで済みメンテナンス性が向上するなどの理由から、レスポンシブWebデザインでサイトを制作することが非常に増えています。
しかし、レスポンシブWebデザインの場合、多くの経験や知識、技術を必要としますので、制作者の技術が足りていないと、一部の端末でレイアウトが崩れていたり、JavaScriptがまともに動作していないなどの問題が発生することがあります。

Lateleでは、しっかりとした知識と技術、数多くのサイトをレスポンシブWebデザインで構築した経験が有りますので、より多くのデバイスに対して最適な対応が可能です。

スマホ向けサイト構築

現在ではレスポンシブWebデザインが主流ですが、それが必ずしも最適解とはいえません。サイトの性質に応じてPCサイトとは別にスマホ向けサイトを制作した方がメリットが多い場合もあります。
例えば、PCサイトでは演出面を非常に凝った作りにしており、高解像度の画像やJavaScriptも多様している場合、レスポンシブWebデザインでは表示速度が遅くまともに閲覧できない可能性もあります。そういった場合、無理やりレスポンシブWebデザインにしてもユーザーにメリットがなく閲覧できないサイトでは作る意味もなくなってしまいます。

また、PCとスマホで閲覧するユーザーでは、表示させたい情報や優先度が違う場合なども、レスポンシブWebデザインで制作を行うと、JavaScriptでDOMを操作したり、PCとスマホで似たようなソースが並んでしまったりして、本来のレスポンシブWebデザインのメリットが活かせなくなってしまいます。

Lateleではこの様な問題が起きないよう、サイトの目的やクライアントさまの意向などをしっかり汲み取り、どの手法がそのサイトに対して最適かご提案します。

既存サイトをレスポンシブWebデザインに

既存のPC専用サイトをレスポンシブWebデザインにして、スマートフォンやタブレット端末からの表示も最適化したい。といったご要望にも対応可能です。

既存サイトのHTMLには可能限り手を加えずに対応しますので、全面リニューアルに比べ予算やスケジュールを抑えることが可能です。