LateleのWebサイト制作

CMS構築(Movable Type、WordPress 他)

Lateleでは、Movable TypeやWordPressといったCMS構築も得意です。
多くの場合、コーディングとセットでご対応させて頂いておりますが、CMS構築のみの対応も可能ですのでお気軽にご相談ください。

CMS導入のメリット

CMSを導入することで得られるメリットは多種多様ですが、その中でも特にメリットとなる点をいくつかご紹介します。

  • Webに関する専門的な知識が無くともブログ感覚で情報が発信できる
  • 制作会社に都度更新の依頼をする必要がなくなり、ランニングコストが抑えられる
  • 直ぐに情報が発信できるので、機会損失を回避できる
  • リンクミスなどのケアレスミス削減に繋がる
  • ネットに接続できる環境があれば、場所や環境(PC・スマホなど)にとらわれず更新が可能になる
  • ワークフロー機能を導入すれば、記事の公開申請、承認処理を行うことができる
  • 記事の自動保存や履歴管理機能によって、いつ誰が変更などをしたかが確認できる

など、多岐に渡ってメリットがあります。

CMS導入のデメリット

CMS導入は残念ながらメリットだけということはなく、デメリットも存在します。

  • 初期構築時に、CMS導入、構築の費用が発生する
  • 最新版にアップデートしないとセキュリティ上のリスクが生じる
  • CMS導入後、活用しなければ構築費などが無駄になってしまう
  • サーバー移転などの際に、静的なHTMLだけのサイトに比べ費用がかさむ
  • 有料のCMSの場合、メジャーアップデートだとライセンス料が再度発生する
  • 動的に生成している場合、静的に比べてページの表示速度が若干遅くなってしまう

などのデメリットが生じますが、CMS導入前にどういった形でWebサイトを運用していくかを予め明確にしておけば、防げるデメリットも有ります。
例えば、全ページをCMSで更新出来るようにしても、実際にはお知らせや採用情報など一部のページしか更新しなかった場合、初期の構築費が無駄になってしまいますが、予めCMS化するページやコンテンツを最低限に留めておくことで初期の構築費を抑えることが可能です。

費用を抑えつつも最適なCMS構築を行いたいといったご相談もお気軽にお問い合わせください。

Movable Typeを活用したCMS構築ノウハウ

Movable Type 3.x 時代からCMS構築を行っていた経験や、弊社代表の平澤はMovable Type関連書籍の執筆実績も有りますので、Movable Typeに関するノウハウが豊富です。
そのため、Movable Typeを活用したCMS構築はLateleにお任せください。


費用の目安

サイト規模や要件に応じて大幅に費用が変わりますので、お見積りが必要な場合はお問い合わせください。