Latele Blog

複数のチャットツールをまとめて管理できるアプリ「Franz」が便利過ぎる

投稿日時
カテゴリ
投稿者

複数のチャットツールをまとめて管理できるアプリ「Franz」が便利過ぎるのイメージ画像

ディレクターのmiyakeです。

みなさん案件のやり取りってどんなツールを使用されていますか?

私の場合、社内の連絡等は主にSlack(スラック)を使用していますが、社外の連絡についてはお客様によって様々です。
ある案件はFacebook Messanger、また別の案件ではChatWork(チャットワーク)といった感じで、複数のツールを使ってのやり取りが多いです。連絡の見落としが怖かったので、『まとめて管理できる便利なツールがあればなぁ......』と思って色々調べていた時、たまたま「Franz」というツールを見つけたので早速使ってみました。

Franz とは

franz_01.png そもそもFranzって何だ?って思われている方へ。
Franzは複数のチャットツールを一元管理できるアプリケーションになっています。
2017年2月現在で対応しているチャットツールはSlackやFacebook Messangerをはじめ、34のサービスに対応している様です。

対応しているOS

Mac、Windows、Linux版があります。 franz_02.png個々の環境に応じたものをダウンロードして使ってください。

さっそく使ってみる

franz_04.png インストール後すぐにアプリを立ち上げると、サービスを追加してね!という画面がでるので、自分が使うサービスをどんどん追加していきましょう。

私が主に使用しているのは

  • Slack
  • Facebook Messanger
  • ChatWork(チャットワーク)

になるので、それらのサービスのアイコンをクリックしてサービスを追加していきます。 franz_05.png

サービスを追加したら、Franzのアプリ画面上部に表示されるアイコンが表示されます。
それぞれのサービスのアイコンをクリックする事で、画面が切り替わります。

実際にやり取りをしている画面はこちら▼ franz_09.png

最初の設定で通知をONにしておけば、未読があった場合はバッジでお知らせしてくれるので見落とすことがありません。

franz_08.png

複数のアプリを行き来する煩わしさから解消されたのは本当によかった

今はPCで作業している時には必ず立ち上げているFranz。
複数のアプリを立ち上げ、いちいち行き来しなくなったのは本当にインストールしてみてよかったなと思ってます。
とにかくめんどくさかったので......。
それから使い方も簡単ですし。

ただ、気になる点としては、ネットにつながっていない状況でFranzを起動すると、当然うまく表示されないんですが、その後にネットに接続しても画面がブラックアウトしたままでうまく使えなかったことは何度かあります。その部分が改善されると嬉しいんですけどね。

このページの先頭へ