Latele Blog

日本ベッドの「ピロートップシルキーポケット」で1週間寝てみた結果とその後

投稿日時
カテゴリ
投稿者

日本ベッドの「ピロートップシルキーポケット」で1週間寝てみた結果とその後のイメージ画像

日本ベッドの「ピロートップシルキーポケット」を購入して実際に寝てみた感想などをお伝えします。

今回、マットレスを購入するにあたって色んなサイトを見まくってましたが、実際に購入して使ってるって感じのレビューとかって殆ど見つからないんですよね。
大半がアフィ目的の特定のマットレスをべた褒めする記事ばかり...

とは言え、マットレス自体、頻繁に買い換える類でもないし、楽天とかAmazonとかで10万以上するマットレスってあんまり買わないと思うからレビューも少ないのかなぁと。

そんな事も思ったりしたので、1ユーザーの生の声をお伝えできればと思います。
今回ももちろん個人の感想ですのでよろしくお願いします。特に今回はその辺よろしくお願いします。

1週間寝てみた

購入後、最初の一週間のご様子をご覧ください。

「ピロートップシルキーポケット」と過ごす初夜

何だかドキドキしますね!
今まで使ってた安物のポケットコイルマットレスとどう違うのか。

ベッドに横になり、ふんわりやさしく包み込まれるように眠りについていきます。

「気持ちいいなぁ~」

・・・10分ほど経過

・・・・・・20~30分ほど経過

「何となく、お尻の辺りに違和感が有るような...?」

初日は、このまま眠りにつき翌朝を迎えました。
朝起きて、思ったより深く眠れなかったような、眠りが浅かった感覚が有りました。

「もしかして、あまり快適に寝れなかった?」

そんな疑問を抱くようになりました。

とは言え、嫁はかなり快適だったみたいで、朝までぐっすりどころか昼近くまで起きることもなく熟睡してたので、「今までに比べて柔らかいマットレスになったからちょっと慣れないだけかも」と思ってました。

そして2日目...

2日目にして明らかな変化が有りました。
ベッドに横になり数分・・・

「お尻の上の辺りが明らかに痛い...!」

2日目にして、違和感ではなく明らかな痛みが有りました。
2日目の朝を迎えた時には、バッチリ腰痛に!!

眠りも浅くなり、夜中起きてしまったりもしました。

せっかく奮発して買ったマットレスなのに、非常に残念ながら自分の身体には合ってなかったんです。

最初から腰痛が怖かったので、柔らかすぎない適度な硬さが有るマットレスを求めてたはずでした。
実際、大塚家具で色々試し寝してた中では、柔らかいけど沈み込み過ぎず適度な硬さが有ったシモンズのマットレスが気に入り、それに近いかむしろ少し硬い日本ベッドの「ピロートップシルキーポケット」なら安心だろうと思って選びました。

でも、実際は違ってた!
知らず知らずのうちに「最初に横になった時だけ気持ち良いマットレス」を選んでいたのかも知れません。

ただ、平均よりちょっと背の高い痩せ型な嫁に関しては、二日目も快適に寝てるので、やはり人に寄って合う合わないってのが有るんだなぁと思いました。

ボクの場合、お腹が出てるから腰やお尻回りが必要以上に沈んでしまうのかも知れません!!
・・・軽くしにたい!(痩せろ

使い始めて3日が経過

腰痛は悪化するばかり。
腰に負担が掛かって無くても朝から晩まで痛みっぱなしで、このマットレスをこの先10年とか使い続けるのは辛すぎるなぁと考えるようになってました。

だったら、売れないだろうか?と思い、マットレスの買取業者を調べ始めました。
買ったばかりだしそれなりに値が付かないかな、なんて甘い考えでメール査定してもらったところ、、、

3~4万円(クイーンサイズは需要がないため)

と言う連絡が。

現実って厳しい!!
売るのはあきらめよう...

その日の夜、腰痛対策に何か良い方法が無いか調べたところ、タオルを折りたたんで腰辺りに置くと良い。みたいな記事が有ったので試してみました。

4日目の夜~朝

さっそくタオルを腰に敷いて試してみたところ、いつもより痛みが少ない感じがしました。
お尻から腰の沈み具合が多少緩和されて楽になった感じです。

そして、朝を迎えました。

「ダメだ!やっぱり腰が痛い!!痛み的にも対して変わってない。」

そんな感じでした。
眠りも浅いので、寝不足気味で目の疲れも残った状態でした。

辛すぎる日々です。

変化が訪れる5日目の夜~朝

昨日はタオル1枚じゃ足りないと思ったので、今夜はタオル2枚+1.5cm程度の高反発素材を敷いて寝てみました。

ベッドにタオルと高反発のを敷いた状態の写真

見た目がアレな上にむしろ腰が一番高くなるくらい厚みが出ましたが、今までに比べると横になって数分後の痛みも無く、「この高さは良いかも?」と思いながら眠りにつきました。

翌朝、ベッドから起き上がろうとすると、、、

「腰が痛くない!めっちゃ軽い!!」

今まで悪化の一途を辿ってたボクの腰痛が一気に楽になりました。
ただ、既に腰を痛めてしまってたので少しでも腰に負荷が掛かると痛みは有りますが、先日より眠りも深くなったので、ちゃんと寝れたんだと思います。

使い始めて1週間経過

腰回りにタオルを敷いて高さを出すことで、寝付きも良くなり腰痛も徐々にですが回復に向かっています。

良かった良かった。
(・・・果たして本当にコレで良いのか?)

マットレス選びは慎重に!

試し寝した時は恐らく5分ちょっとだったと思いますが、ボクの場合最初に違和感を感じたのは横になってから20分程度経ってからでした。

マットレスを長時間試すのは難しく、買ってからも気軽に買い替えたりするのは難しいので、買う時に不安が残る場合は、1段階硬めのマットレスを選んだ方が失敗が無さそうです。

硬いマットレスなら、柔らかいパッドを敷いたりすれば対応が比較的容易ですが、柔らかいマットレスだと、硬めのパッドを敷いても根本的な解決にはなりにくいそうです。

とは言え、今のマットレスが柔らかすぎたり、長期間使ってお尻とか腰回りがヘタってきてたら、応急処置では有りますがタオルを敷くなどの腰枕がオススメ!!

もちろん、ボクみたいな体格や体型でも比較的沈み込む柔らかいマットレスの方が合ってるって人も居ますし、1週間経っても嫁は初日と変わらず快適に寝ているので、恐らく「ピロートップ」が自分の体格には合ってなかったんだと思います。

ホント、マットレス選びって難しいですね!
勉強代にしてはちょっと高すぎる出費でした。

ウチは2日程度でサクッと決めてしまいましたが、買い替え予定の方は、マットレスは慎重に選んだ方が良いと思います!

その後

やはりタオルで高さを出して腰に当てるのは不便というか、せっかく高い買い物だったのに勿体無いというか、もやもや感が残っていました。
なので、マットレスを購入した2~3週間後に日本ベッドでファミリーセールが有ったので、日本ベッドまで足を運んでマットレスが自分には合わなかったと言う相談をしてきました。

本音としては交換可能なら交換したいくらいの気持ちでしたが、ベッドは衛生商品扱いで無理って事でした。
ただ、修理と言う形で硬い詰め物を入れたりピロートップ部分を取ってしまうと言った対応は可能との事。

修理可能なら修理をお願いするのも良いと思ったんですが、当然ながらお金が掛かります。
ざっと8万くらいって聞いたんですが、修理費用が高いというよりは、往復の送料が3万くらい掛かるみたいで、買ったばかりのマットレスを修理に出して8万とか使うのは流石にキツイな、、、と。

それに加え、嫁はピロートップシルキーポケットがとても気に入ってるので修理は反対されてました。(むしろこの時に全く問題なくOKが出てたら高くても修理依頼してたかも...?

修理に悩んでた時「硬めの詰め物をマットレスの上に敷いて一度試してみたらいかがでしょうか?」と言う提案をしてくれました。
ちょっと詳しく覚えてませんが、シルキーポケットのレギュラーかハードで使ってる詰め物で、硬さを調整するのに使うやつみたいです。
サンプルを見させてもらいましたが、不織布みたいなシート状のやつで厚みも数ミリ程度だったので、こんなの一枚敷いただけで変わるのかな?って思いましたが、詰め物代とか送料とかは掛からないって事なので試してみることにしました。

んで、1週間くらいしたら詰め物が届きました。
こんな感じのやつです。

郵送してもらった詰め物の写真

詰め物と言うか敷物って感じですかね。

これをボクの方だけ敷いて使ってみたところ、こんな薄いの一枚敷いただけなのにマットレスの硬さが激変しました!
腰付近の沈み込みも減った感じだったので、腰枕にしてたタオルは無しで寝てみました。

詰め物敷いて寝た翌日から...

起きた際の腰の痛みは特に無く、1日普通に過ごすことができました! それからは全く問題無くなったので、今現在もこの詰め物を敷いた状態で寝ています。

修理に出してしまうと、マットレス全面が硬くなるのでボクは良くても嫁は不満が残ります。
かといって腰枕じゃボクに不満が残ります。

しかし、今回の詰め物を敷いた対策ならお互いが理想に近い形の硬さで寝られるので、修理は出さずにこのままがベストなのかなぁと思ってます。
敷いた詰め物はシーツを被せれば見えないので見栄え的にもそんなに悪くならないですし詰め物の境目も殆ど分からないので問題無さげです。

最後に

今回、マットレスを購入して腰を痛めてから、睡眠に関して色々と考えるようになりました。
睡眠関係の本を買って読んでみたり、ネットで様々な情報を収集したりと睡眠に関してかなり興味を持つようになりました。

人間、一度失敗してみないとちゃんと調べなかったりするんですよね!困ったものです。
最初から色々調べてやってればもっと硬いマットレスを選んでたかも知れません。

って事で、マットレス選びに一度失敗をして色々学んだり調べたりして辿り着いた一つの結論が有ります。
それは、

マットレスはかなり硬めを選び、ムートンシーツを敷く。

コレです。
これが「ぼく の かんがえた さいきょう の まっとれす」です!

ムートンシーツを知る前は、洋服とか車のシートに使ってるとか、ラグとかそんなイメージしか無かったので、ムートンのシーツ!?って感じでした。
ムートンって思った以上に高いので、シーツみたいな大きなサイズになると数十万は軽くしたりします。

ムートンシーツは「シーツ」って言うくらいですから、その上に直接寝ます。
って事は消耗品のシーツに数十万!?!?どんだけ金持ち専用だよ!!みたいになりますが、質の高いムートンシーツなら10年は余裕で使えて、30~40年とか経ってもちゃんとメンテナンスをしてれば大丈夫らしいです。この辺りはネットの情報だけじゃなくちゃんと寝具屋の人からも話を聞きました。
当然といえば当然ですが、安物や産地がわかんない様な怪しいのはダメなので、品質がしっかりしてるムートンってなるとどうしても高額に...

んで、このムートンシーツは、寝具として重要な機能の全てを最高レベルで持っている寝具なんですって。
寝具にとって特に重要な機能は、

  • 弾力性
  • 保湿性
  • 吸湿性・発散性

辺りです。
弾力性の部分で言うと、羊毛の1本1本がコイル状になっててスプリングの役割を果たし、面ではなく点で支えてくれるので、体圧分散性に優れ、血流を維持する働きも生まれるんです。
体圧分散が優れてるって事は腰痛になりにくい!
ちなみに、ホントなのか知りませんけど「既存のどんなに優れたマットレスでもムートンのスプリングには勝てない。」みたいな事を寝具屋の人が言ってました。

保湿性に関しては、羊毛はたくさんの空気を含んでるから熱伝導率が低く保湿性、断熱性に優れてます。空気を含んでると暖かいってのは羽毛布団と同じですね。
こう聞くと、夏場は暑くて使えないイメージですが、自分の体温と近い温度になるみたいで、そこまで暑く感じないらしいです。
とは言え、夏なんて何してたって暑いですから、その場合は、ムートンシーツの上に麻のシーツを敷いて寝れば快適らしいです。

吸湿性・発散性に関しては、快眠する上では非常に重要な部分です。
寝始めは体温がグッと上昇するので、かなり暑くなり汗もかきます。その時に、吸湿性・発散性が悪いと蒸れてジメジメベトベトして気持ち悪くなりますが、ムートンなら吸湿性・発散性が高いから快適に寝れる!梅雨の時も快適!

これ以外にも、燃えにくいとか抗菌性が有るとかムートンのメリットは多岐に渡るんです。

と、まぁこんな感じでムートンは寝具として非常に優れているので、生後間もない赤ちゃんにも使えたり、医療現場や介護現場で使われてるくらいです。
なので、ただ高いだけじゃないってのはホントなんだなって思えるかと思います。

30万以上のマットレスを買えるって方は、ムートンシーツも検討してみたら良いと思います! ちなみに、長毛は見た目が豪華なだけで性能は低いみたいなので、毛長35mmがベストらしいです。

最後がやたらと長くなった上にムートンシーツの営業みたいになってますが、残念ながらボクは買えてないので、実際のところ、ここまで言うだけ優れてるかは分かりません。

一応、実際に試して5分くらいは横になってますが、確かに他の寝具には無い独特の浮遊感と言うか、毛に支えられてる感じが分かりました。
そんな素敵なムートンシーツなので、いつかお金が貯まったら、マットレスを修理に出してムートンシーツを敷きたいと言う一つの夢?野望?が有ります(`・ω・´)ゞ

...と言う事で、無駄に3回に分けて書いてきましたが、ベッド選びネタはこれで一旦完結でっす。
いつかムートンシーツ買ったら報告します!

このページの先頭へ