Latele Blog

快適で快眠できるマットレスを求め日本ベッドへ

投稿日時
カテゴリ
投稿者

快適で快眠できるマットレスを求め日本ベッドへのイメージ画像

日本ベッドでシルキーシリーズを試し寝してきたってお話。

色んなマットレスを試し寝しまくった前回の記事の続きで、今回は日本ベッドに行ったお話です。
(今回もマットレスに関して色々書いてますが、あくまでhirasawa個人の感想です。何度も書くのアレなので今回は最初だけで後は以下略で)

話に入る前にボクのスペック

個人の感想とは言え、感じ方はその人の身長や体重、体型とかでものすっごい左右されてしまいます。
なので、2017年4月現在のボクのスペックを晒しておかないと、それこそ何の参考にもならないってことで晒しておきます!

  • 年齢:34歳
  • 身長:178cmくらい
  • 体重:76kgくらい
  • 体型:標準くらいだけどお腹が出てます!!
  • 姿勢:悪い。猫背。

と言う感じです。
お腹出てるとか書いてて悲しい!

ちなみに、嫁のスペックを細かく書いたら命がありませんのでカンタンに。
身長は平均よりちょっと高くて痩せ型です。

なぜ、日本ベッドが気になったか

日本で最も歴史のあるベッドメーカーで、一流ホテル等への納入実績も多く、わりと国産好きなボクとしては、やはり一度は試してみたいと思っていました。

また、マットレスはポケットコイルが良いなぁと思ってたので、一般的なマットレスの倍近くのポケットスプリングを使ってる日本ベッドは気になる存在でした。

他には、派手さが無いのもポイントが高かったです。
職人気質な感じで、本当に良いものを作ろうとしてる姿勢が見える気がしました。

こう言った部分に惹かれるのは、ある意味フロントエンドエンジニアっぽいかもですね!

日本ベッドを試し寝

そんなこんなでショールームにお邪魔して、「シルキーポケットマットレス」と「ビーズポケットマットレス」の2シリーズ全てを試し寝させてもらいました。

ビーズシリーズ

ビーズポケット」の方は、スプリング数も特別多くなく、他のポケットコイルとあまり変わらないので、寝心地云々の前に、日本ベッドを選ぶ意味が薄れてしまう感じがしたので今回は選択肢から外しました。
メーカーは日本ベッド一択で硬めのマットレスを選択したい方やコスト重視な方向けって感じでしょうか。

ちなみに「ビーズポケット ハード」は、本当に硬かったです!
大柄で筋骨隆々な感じの方には良いかもです。

シルキーシリーズ

さて、本命の「シルキーポケット」です。
最初にシルキーポケットの一番標準的なレギュラー、ソフト、ハードを試して、それぞれ硬さの違いとか感触の違いを確認したりしました。

ボクの感覚的には、ソフトは柔らかすぎて、ハードは硬すぎる感じだったので、レギュラーが一番かなぁと。

その次は、グレードが高い「シルキーパフ」と「シルキーシフォン」を試してみました。

シルキーパフ

シルキーパフ」は、シルキーポケット ソフトをベースに詰め物を増やしている感じで、ふんわりとした柔らか~い寝心地でした。
使ってる詰め物が「ノアフォーム」ってウレタンで、優れた高反発性と適度な高弾性が有るみたい。
だからなのか、ソフトをベースにしてるわりには適度な反発も有った感じがしました。
このマットレスは特に女性に好評って事で、実際、嫁もかなり気に入ってました。

シルキーシフォン

シルキーシフォン」は、シルキーポケット レギュラーをベースに詰め物を増やしている感じのマットレスになります。
高比重・高弾性ウレタンを使ってるらしく、モチッとした弾力性がウリになってます。
レギュラーをベースにしてるので、適度な硬さに高反発なウレタンでかなり良い感じでした。

ピロートップシルキーポケット

最後に、日本ベッドで一番高価な「ピロートップシルキーポケット」です。
その名の通りピロートップ仕上げになってるマットレスです。ピロートップってマットレスを調べたこと無いと聞き覚え無いかと思いますが、マットレスの上に乗ってる別構造のクッション材って感じです。
普通に詰め物を増やしても同じ感じだと思いますが、見た目の豪華さが一番の違いな気がします。なので、高級なマットレスの多くはピロートップ仕上げになってます。
ピロートップ以外は、基本的にシルキーポケット レギュラーをベースにしてるようです。

んで、このピロートップシルキーポケットですが、ボクが欲しいと思っていたシモンズのマットレスと寝心地が似てました。
わりと柔らかいんだけど、柔らかすぎず、ふんわりやさしく包み込んでくれるような感じです。
正直、かなり気持ち良いです。嫁の評価も高く、さらに値段もシモンズのマットレスより安い!

全てのマットレスを試し寝してみた結果

実際、シルキーシリーズはどれも良かったです。
嫁は実際に試し寝するまで大して期待してなかったらしいですが、大塚家具で試し寝したマットレスと比べても、日本ベッドが一番良かったって言ってました。

その中でも、ボクが気に入ってたシモンズのマットレスと寝心地も似ていた「ピロートップシルキーポケット」が二人とも一番(・∀・)イイネ!!って事で「ピロートップシルキーポケット」を買うことに決定しました!

難航するかな?って思ってたけど、ベッド(マットレス)巡り2日目にしてあっさりと決まってしまいました。
こんなにサクッと決めて良いのかって感じもしますが、お互いが気に入ったマットレスに出会えたので、変に悩んで決めきれないよりは良いかなと。

マットレスのサイズはどうしたの?

最終的に「クイーンサイズ(W160cm × L195cm)」にしました。

大塚家具でダブルより広いワイドダブルロングが気に入ってしまったので、ワイドダブルロングが理想では有ったけど、サイズオーダーしちゃうと値段が一気に上がったり、納期がやたらと遅くなったりするようで、規格サイズのクイーンが一番良いって結論でした。
ベッドルームは6帖なので部屋が殆どベッドで埋まるけど、置けないわけじゃないのでまぁ良いかって事で。

で、いくらで買ったん?

定価の3割引だったので約20万でした。
欲しかったシモンズのマットレスが34万だったことを思えば、かなり安く買えたと思います。(それでもかなり高額な買い物だけど...)

ネットで探すとほぼ定価に近い価格で売られてたりしますが、不定期で開催されてるクリアランスセールとかのイベントに行けば、3割くらいお安く買えたりするみたいです。

ついに我が家にベッドが届く

注文してから1週間ちょっと待ち、ついに「ピロートップシルキーポケット」がお家に届きました!

sleep02_01.jpg

クイーンサイズはでかいです。部屋が7割方ベッドで埋まる感じ。

sleep02_02.jpg

何にせよ、試し寝では数分しか寝られてなかったので一晩寝るのが非常に楽しみ!

という事で、快眠できるマットレス探しの旅は2日であっさり終了しました。
実際に寝てみてどうだったか、その後の感想などは次回に続きます!

このページの先頭へ